激太りが噂された沢尻エリカの下半身痩せ術とは!?

管理人のローラです。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

沢尻エリカ ダイエット 下半身
出典:http://girlschannel.net/topics/318209/

 

女優の沢尻エリカさんに注目してみました。

一時期の激太り、特に下半身が太ってしまった事は有名ですが、見事にダイエットに成功しています。

そんな下半身痩せに成功した沢尻エリカ式ダイエットとは・・・?

そもそも、下半身が激太りしてしまった原因とは・・・?

 

下半身痩せを目指しているなら、参考になると思います!

 

沢尻エリカが太ってしまった原因!

 

沢尻エリカ ダイエット 下半身
出典:http://topicks.jp/3184

 

お騒がせ騒動からの休養期間を経て、エステサロンのイメージキャラクターとしてメリハリのある美しいボディを披露した沢尻エリカの映像や写真は、今も深く印象に残っている方も多いと思います。

しかし、その数ヵ月後には目も当てられないほどのムチムチとした体型でイベントに登場し、再び注目を集めました。

 

たった数ヶ月の間に激変してしまった理由は、過酷なダイエットからのリバウンドです。

 

仕事やプライベートでのストレスが原因であるとの意見もありますが、それよりも大きな原因は、当時の沢尻エリカが拠点としていたスペインでの食生活にあるでしょう。

日本食とは異なり、オリーブオイルを多く使用するスペイン料理はヘルシーな食材を選んでいるつもりでも調理過程で多くのカロリーを含んでしまいます。

直前までストイックな食事制限でダイエットを行っていた沢尻エリカにとっては、リバウンド必須の環境だったのです。

 

沢尻エリカがダイエット失敗?

 

沢尻エリカ ダイエット 下半身
出典:http://matome.naver.jp/odai/2142632288238814801

 

では、沢尻エリカはダイエットに失敗してしまったのでしょうか?

 

激太り写真が世に出回ってから2年後に公開された映画「ヘルタースケルター」では見事な下半身痩せを遂げ、再び引き締まったスタイルへと戻っています。

 

2014年に放送されたテレビドラマ「ファーストクラス」シリーズでも変わらない容姿を保っていることから、一度のリバウンドは経験したものの、ダイエットには成功したと言ってよいと思われます。

 

多忙なスケジュールや世間からのプレッシャーが重荷となり問題発言と激太りを引き起こしてしまいましたが、現在は心身ともにベストなコンディションを保っているようです。

沢尻エリカが現在スタイルを維持できているのは、プロ意識からくる徹底した役作りが原動力になっているとも言われています。

 

沢尻エリカ流のダイエット方法

 

沢尻エリカ ダイエット 下半身
出典:https://faura.jp/articles/datiDeQo

 

沢尻エリカのダイエット方法は、有酸素運動と食事制限が中心のストイックかつスタンダードなものです。

奔放な性格のイメージからは意外に思う方も多いかもしれませんね。

運動はヨガやポールダンス、乗馬といった楽しく続けられるものをチョイスし、身体の基礎代謝アップに努めています。

 

食事はフルーツや魚を中心に食べ、揚げ物や肉類、米などはほとんど食べないそうです。

他にも生姜やリンゴ酢といった代謝を上げる効果のある食材も取り入れています。

 

撮影前のタイミングでは朝食のみの1日1食を実践していたこともあり、もともと目標に向かってシビアに取り組める気質の持ち主なのでしょう。

さらに、特に痩せにくいと言われている下半身の仕上がりを良くするために、エステも上手に利用しています。

 

エステでは施術の効果と合わせて、ダイエットの目標や計画を明確化し、管理してもらうこともできるので、サボりやリバウンドを防止する効果も期待できます。

 

まとめ

 

もともとスタイルの良かった沢尻エリカですが、一度のリバウンドを経て再び理想的なプロポーションを手に入れました。

 

特に下半身痩せには目を見張るものがあり、その結果は厳格な食事制限と運動量の賜物と言えるでしょう。

エステサロンの痩身プログラムも有効活用し、安定して美しいプロポーションをキープしています。

 

ダイエットには運動とカロリー制限が欠かせません。

無理なく続ける事が出来るカロリー制限の方法としてオススメなのが置き換えダイエットなんです。

置き換えダイエットの詳細は以下の記事を参照。

>>置き換えダイエットでリバウンドなし!

適度な運動と置き換えダイエットのダブル効果で、目標体重を一気に目指しちゃいましょう!

 

 

 

コメントを残す